お申し込みは日本語で(トールフリー) 888-717-5552
ご相談予約・お見積もり
  • ご契約情報の変更
  • お問い合わせ

保険ブログ

法人向け医療保険のメリット

2018年11月22日

今回は、事業を営む方、会社やお店などに向けた法人向け医療保険 (※Group Health Insurance)について触れてみたいと思います。   個人や家族向け医療保険の場合、毎年、定められた申請期間「Open Enrollment Period (*CA州では10月15日~1月15日)に申請や変更が可能となります。 つまり、この加入申請期間以外は、特例ルール(※Qualified Life Event)を満たさなければ、基本的に申請や変更は認められません。   それに対して、法人で加入するGroup Health Insuranceは、年…

続きを読む

2019年に向けた医療保険 (個人・家族向け)

2018年8月21日

先日、ある大手保険会社が主催するInvitation only (招待制)のセミナーに参加して来ました。 激変する"医療保険業界の今後の動向に向けた勉強会"だったのですが、そこで聞く事が出来た最新情報と、有益な情報を皆様と共有させていただきたいと思います。   2019年度に向けた医療保険 (※個人・家族向け)の申請期間 (Open Enrollment Period)は、「2018年10月15日~2019年1月15日」になる見込です。 (※後に、変更となる可能性はあります。 随時、最新情報を更新してお知らせ致します。)   気を付けたい…

続きを読む

従業員に向けた健康保険

2018年7月23日

医療改革法案が施行された2014年以降より、基本的に、個人や家族向けの医療保険は、加入申請期間「Open Enrollment」(※11月1日~翌年1月31日)に手続きが出来るルールです。 法人として経営をされておられる場合、従業員に向けた医療保険は、法人向け医療保険 (※Group Health Insurance)を提供されている場合がほとんどです。 法人向け医療保険 (※Group Health Insurance)の場合、新規雇用者に向けた保険の付与手続きや、既存の従業員に向けた健康保険の対応や、管理が円滑に対応出来ます。 ※加えて、全従業員にかかる健康保険にかかる保…

続きを読む

辞職・退職時の401k (企業年金)対策

2018年6月25日

アメリカで、「貯蓄と節税が同時に行える貯蓄プラン」は、複数存在しますが、分かり易く分類するならば、下記のように2種類に分ける事が出来ます。 1.(個人・家族向け) Traditional IRA (*トラディショナル・アイラ)  2.(企業向け) SIMPLE IRA、401(k)など   いずれも、老後に向けた貯蓄プランという目的の為、プランに積み立てている資金が増えた場合でも、引き出さない限り、増えた利息分は課税されないといった節税のメリットがあります。 また、59歳と半年までに引き出してしまうと、IRS (アメリカ合衆国内国歳入庁)より10%のPenaltyが…

続きを読む

生命保険に関するよくあるご質問

2018年5月09日

慌ただしいタックスシーズン(※4月)が過ぎ去り、ようやく関連の残務処理が片付いてきました。 タックスリターンが落ち着いたタイミングで、ご自身や家族の家計に向けて、具体的なプランを始めたいと思われる方もおられるはずです。 今回は、身近なような分かりづらい「生命保険」に関する Q & A について触れてみたいと思います。   生命保険に関するご相談をお受けする際に、よく耳にするお声は次のようなものです。   「1.絶対に加入しなければならないものでは無いので、後回しになっていた。」 「2.独り身なので、自分には関係が無いもの…

続きを読む

貯蓄と節税は「同時進行」で

2018年2月13日

ついこの前に年が明けたなぁと思っていたら、すでに2月も中盤に差し掛かっています。 昨年から今年にかけまして、常に意識してしまう点は、アメリカ経済状況を表す「株価が非常に好調である点」です。 特に目が行きがちなのは、NYダウ平均株価が、昨年から継続的に最高値を更新し続けている事です。 株価のみならず、住宅の売買も堅調な伸びを示していますので、アメリカの実体経済は良くなっていると認めざるを得ません。 その一因として考えられるのは、昨年の12月20日にトランプ大統領が実施した「減税法案の成立」が後押ししていると思われます。   これほどの大幅減税が実施さ…

続きを読む

2017年から2018年度に向けて (上善如水)

2017年12月31日

ついに2017年度も、あと数時間で終わろうとしています。 毎年、この時期になると同じ事を感じ、言っているような気がしますが、1年とは本当にあっという間に過ぎ去っていきます。   私共が身を置く保険業界の中で、特に医療保険業界は「荒れに荒れた一年だった」と思います。 もっとしっかり対応出来たはずだ、であったり、こうするべきであった、といった反省点と改善点の多い1年でもありました。 個人や家族向け医療保険に関しては、2018年より、大手保険会社「Anthem Blue Cross」と「Cigna」社が、California州の広域で医療保険の販売事業を辞める…

続きを読む

継続がもたらす力

2017年9月25日

昔から、「継続は力なり」とよく言われますが、貯蓄や節税に関するプランにも共通する点が多いと感じてしまいます。   貯蓄や投資の基本は、"何のため?"にやるのかといった「目的」を定める事から始まりますが、一度始めたプランの「継続」がとても重要な要素を占めます。 最初に設定した「目的」を達成する為にプランを始める訳ですので、1.目的を設定する事がスタート地点で、2.その目的に到達する事がゴール地点だと仮定します。 ついつい、スターチ地点と、ゴール地点ばかりに意識がいってしまいがちですが、どんなプランもゴール地点にたどり着くまでの『過程』が存在します。 良い過…

続きを読む

メディケア (65歳以上) / 変更期間のお知らせ

2017年8月17日

アメリカでは、65歳以上になると受給できる医療保険のベネフィットのことを「Medicare - メディケア」と呼びます。   長くアメリカに滞在されておられる方の多くは、このメディケアのベネフィットを受給出来るのですが、厳密には下記の条件を満たす方が受給資格を得られます。 ・過去にMedicare Tax (*メディケアを受給する為の納税)を10年以上行った方。 ※合法的にアメリカ合衆国に5年以上継続的に住み続けている方。 ・上記の点と合わせて、US Citizenship (*アメリカの市民権)をお持ちの方か、Green Card (*永住権)をお持ちの対象…

続きを読む

医療保険における最新情報 (※California AB 72法)

2017年6月27日

【医療保険業法最新ニュース (2017年7月1日より施行)】 今回は、2017年7月1日よりCalifornia州で実施される最新の医療業法について情報提供を致します。 「*California Assembly Bill (AB) 72 Out-of-Network Coverage and Member Cost-Sharing」 (California州が対象:2017年7月1日から施行)       以前より、患者が加入している医療保険を受け入れる 「In-network facilityの病院やクリニック」に…

続きを読む

1 / 1212...最後 »