お申し込みは日本語で(トールフリー) 888-717-5552
ご相談予約・お見積もり
  • ご契約情報の変更
  • お問い合わせ

保険ブログ

「貯蓄プラン」を「有効な習慣」に!

2016年4月28日

日米のリタイアメントを意識した年齢の代表的な目安は、この半世紀で大きく変わりました。

以前は、60歳位であったリタイアを意識した感覚も、今では「60歳」では早過ぎるといった感覚ですよね?

実際、連邦政府が運営するMedicare (※メディケア:高齢者向け医療保険)は65歳から受給が可能です。

(*注:身障者や、慢性腎不全患者の場合は、年齢を問われず受給が可能)

 

現在における 適切なリタイアメントのタイミングとして「65歳」前後が妥当な目安であると意識して下さい。

1.現在、20代~30代の方の場合、65歳になる頃にどの位の資産を築いておきたいか?

2.現在、40代~50代の方の場合、65歳になる頃にどの位の資産を築いておきたいか?

一つのゴール目標を設定する事で、老後に向けた資産形成を具体的に考える習慣が身につきます。

 

この「具体的に考える習慣さえ身につけてしまえば、あなたのリタイアメントは明るい」と信じています。

長いようでアッという間の人生、無計画のままでは必ずやって来る「老い」に対応出来なくなります

目標を定めない先に、明確なゴール(結果)は生まれません。

同時に、「目標」と「ゴール」設定は出来ていても、肝心の有効な習慣が身についていないと実現出来ません。

 

言ってしまえば、保険やファイナンシャルのプランも、一つのTOOL (手段)に過ぎません。

ただの手段と言いましたが、使い方によっては、大変役に立つ効果をもたらすものであります。

例): 「毎月300ドル (*年間で3,600ドル) を20年間投資した場合、合計72,000ドルの投資になります。」

年利7%で、2%の運用手数料がかかる場合、年利5%として算出すると、20年後は約125,000ドルになります。

 

➡ ご自身の状況を的確に把握した上で、適切なプランを走らせる事が大切。

 

お金を上手に貯められる人ほど、収支バランスに対して、優れた感覚を持っているものです。

いやー、何か勝手に貯まっちゃうんだよと、とぼけている人ほどきちんとプランを走らせているものです。

(*まったく準備もせずに、テストで100点が取れない事と同じで、100点を取る人ほど用意周到です。)

目標を定め、有効な習慣を身につけてこそ、目指したゴールが見えて来る。

 

deskwork
私達は、お客様の「目標」にある「ゴール」へ近づける為の有効な習慣」としての貯蓄プランを提案します

貯蓄プランは多岐に及びますので、ブログでは抽象的な表現になってしまいます。

ご興味のある方は、下記イラストをクリックし、コンサルテーションの依頼をお入れ願います。

contact

 

Copyright 2016 T&K Consulting Group © Ishiwada Insurance Agency, Inc. All rights reserved.